教材オタクのひとりごと

勉強方法

今晩は、本日も粛々。



教材が大好きで、教材会社からオタクと揶揄されることもあります。

教材なんてどれを使っても一緒、

なんて神話もこの業界には根強くて、

教材を生かすも殺すも授業次第ですので、

間違いではないのですが、



教材の背後にどんな理論が隠れているか、まで分かるようになると、

生徒がわかるようになる、

わからないままである理由は、

たいてい教材にあることが多いのです。



まぁそんなこんなで、

生徒にこんな力を付けてもらいたいので、

こういうものを・・・というのが、

比較的いい状態で揃えることができています。



それでいつも思うのが、季節講習用の薄い教材があります。

量も少なく、

かといって内容が深いわけでもなく、

そして概念をしっかり入れるわけでもない。

あんなものやっても意味があるのかと思うのですが、

それぞれの教材会社に言うと、

「あれでも量が多過ぎて終わらないという話の方が多いんです」

「あれでも難しいので簡単な問題をとよく言われまして」

概念に関してが言及する塾がまずないようでして、え?という顔をされます。

まぁ寺子屋が用いているのは、あの科目のあの会社だけです。



簡単な問題を扱う教材については、いいものをほとんど見たことがありません。

基礎ほど概念が大事なのですが、

なぜか簡単な問題集ほど、概念を大切にしない。

教科書準拠ものとか、特にそうです。

それでしたら、教科書を何度も繰り返した方がいいと思います。



内容はプロにしか判断できないと思いますので、

目の前にあるものを完璧に!というのが、

生徒にとって一番大切なことです。



ごんぼっち

タイトルとURLをコピーしました