寺子屋の指導

148717-0-20181130162422_b5c00e5a6c041e.jpg



今晩は、本日も粛々。



講習会恒例、映画で授業の予定をお送りしました。

映画を観て楽しむだけじゃなく、

その文化的な背景や、

人間分析を行う授業です。

端的に言うと、

頭が良くなる授業です(笑)。



こういう授業をしないとなぁと、ひしひし感じてしまったのが、

東京オリンピックの開会式です。

7か月くらいしか時間が無かったのにドタバタ続きで、

形にするだけでも大変だったんだろうなぁと同情したのですが、

あと、

授業中だったのでダイジェストしか観れていませんが(笑)、



日本は世界に対して、

発信できるメッセージが無いんだ、と

痛切に感じてしまい、

虚脱感でいっぱいです。



多様性の世界に、遅ればせながら追いついていきたいし、

そういう人材や文化はあるぜ、

というメッセージを送りたいのだろうとは推測できたのですが、

なんだかなぁ。。。



それこそ、

成績は多少なりとも取れるんだけれども、

文化や世の中に全く無知な

偏差値・受験マシーンの発想を見せつけられている感覚でした。



天皇陛下の横で疲れ切った顔を見せている、

首相が象徴的だったかもしれません。



個々は素晴らしいけれども、

ビジョンが不在。

だけれども選手たちを応援しよう!

というノリを、

明治維新以来、どれだけ続ければ気が済むのでしょうか。

日本中にちゃんと頑張っていて、

素晴らしい文化を発信している人たちは山ほどいるのに。



少なくとも、

人間や世の中がどうやって成り立っているか?

がわかる生徒を、

無理のない範囲で、少しずつ、少しずつ、

種蒔きしていかないとなぁと、

改めて思わされました。



もう、情けなくて、情けなくて、

涙も出ないくらいです。



ごんぼっち

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました