数字って分かりやすいですが

お知らせ

月曜から入り始めたチラシです。

早速たくさんのお問い合わせありがとうございます。

今晩は、本日も粛々。

成績や実績とかの数字って、とても分かりやすいのですが、

寺子屋としては、

その生徒が自分なりに深めて、

自分の行きたい道を選んでくれたのが一番嬉しいのです。

口先だけの「やりたいこと」かそうでないかは、

日頃の勉強の取り組み方を見ていればわかります。

東大の合格も、

やりたいことをきちんと見つけて目指したから、

私は自慢に思います。

かつて、大して行きたいと思っていたわけじゃないのに、

東大を受験して、

あかんかった子がいたのですが、

「行きたい人の席を1つ奪わなくてよかったね」と声をかけました。

その後、

行きたい大学に行けたので、

こうやって笑い話になるのですが。

もし数字上、

何点上がったとか、

いい偏差値の高校大学に行ったとか、

学年何番だったかとか、

数字に素晴らしいという価値があるのでしたら、

日本で最も素晴らしい曲は、

およげ!たいやきくんですし、

最も素晴らしい日本食は、

カップラーメンになります。

全国で上位に入った子たちも、

勉強が楽しくなって、

テスト対策なんてゼロの状態で、

余熱で取れたので、

私も嬉しいのです。

数字そのものが持っている価値より、

数字がどんな価値を表現しているか、

そこに注目してみてください。

ごんぼっち

タイトルとURLをコピーしました