都市部では絶対にできない勉強

大学受験

今晩は、本日も粛々。

前回、高校で大変な目に合わないように、

義務教育に最適化するような勉強ではなく、

プラスアルファの勉強にアップグレードしていくことが必要で、

それは実は、

金大附属や泉丘の何倍もの人数が、

東大京大に合格する、都市部の中学・高校には、

なかなかできないことですよ、

と言いました。

都市部の先生とお話ししていて、

・内申点を満たしながら実力をつけることを考えると、

毎日のスケジュールで汲々としています。

・英数の先取りばかりで、他をやる余裕がありません。

・小学校の間は中学校受験で、これまた忙しくてじっくり力をつけられません。

といった話をよく聞きます。

もちろんいいところもあるのですが、

寺子屋では、

小学校の間は、理社とパズルに時間を使います。

中学生の間に、高校レベルまで国語を完成させます。

時事問題を扱ったり、映画で授業しながら、

人間や世の中を分析することをやります。

なんて言いますと、

とても羨ましがられます。

やりたいし、必要不可欠だとわかるのですが、

そういうところに時間を割けないと。

都会には都会の、

地方には地方のメリットデメリットがあります。

それがわかる人は、

活かせばいいのです。

ごんぼっち

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました