日常の力

お知らせ

あけました。

本年も粛々とよろしくお願いいたします。



元日早々、大変でした。

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。



さて、受験生にした話です。

私も今まで生きてきて、こんな大きな地震に遭ったのは、初めてです。

怖くて心穏やかじゃない人もいれば、

被害の状況をテレビ等で観て、心ここに在らずという人もいるでしょう。



もし私たちに何かしらの知識や技能があって、

直接被災者の役に立てるならば、駆け付けて頑張るのは素晴らしい行動になるでしょう。

しかし、残念ながら、

少なくとも私や受験生の皆さんには、どうも難しそうです。



だとすれば、

不安に怯えたり、日常生活に集中できない状態だったり、

それで被災した人たちが救われるならば、そうすればよろしい。



ただ私は別のことで被災した経験があるので思いますが、

そんなことちっとも嬉しくありませんし、

むしろ罹災したことによって人にマイナスの影響を与えたのであれば、

さらに自分を責めるでしょう。



だとすれば、

今、自分たちのやるべきこと、やりたいことに全力を尽くす。

これ自体が、今被災した人が、

やりたくてもできないことです。



日常は退屈かもしれませんが、実は貴重だったこと、

こういう機会が無い限り、実感できないと思います。

そう考えて自分の力に変えていってください。



そして、こういう逆境の時こそ、

その人の真価がわかります。

私は逆境◎の人間ですので(笑)、

猶更そう思います。



ごんぼっち

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました