遊びを作ると賢くなる

教育情報

金沢情報に寺子屋登場です。

 

 

 

今晩は、本日も粛々。

 

 

 

小中学校で勉強するときに、復習重視か先取り重視か論争があります。

そこで漏れている視点が、深堀りです。

習った内容の復習は復習なのですが、

もっと難しい問題や、別の考え方でやってみることを、

深堀りと表現しています。

こういうことをしっかりやると、「遊び」ができるようになります。

ハンドルやブレーキでいうところの遊びですね。

 

 

 

こういう遊びがあると、次の学年以降、大きく伸びる力になります。

話が変わって、学歴大事と学歴関係ない論争があります。

ここでいう学歴は、高卒か専門学校卒かみたいな話ではなくて、

いい大学かどうか的な話です。

 

 

 

18歳プラス何歳かくらいの入り口の時点で、

大切だと言われると、そんな早くに人生決まる?と思っちゃいますし、

大事じゃないと言われると、

若い頃の頑張りって無駄なの?とも思っちゃいます。

これ、典型的な「遊び」が無いことが前提の、論争だと思うのです。

 

 

 

38230622-5399-4B8C-B989-580681521D21.jpeg

 

 

 

こんな感じで分けてみると、

横軸に学歴高い低い、

縦軸に大学で勉強頑張った・頑張っていないを置きます。

学歴いい悪いを問題にするのって、



CE95C923-2B34-4E68-8B07-5BD396244376.jpeg




この赤い部分の人のような気がしています。

私自身を鑑みると、大学は大したことがないところしか出ていませんが、

若干コンプレックスは持っていました(情けないことに、笑)

卒業間際に東大の大学院生対象の勉強会に出かけたときに、

「君はどこの院ですか?」と院生や教授たちから聞かれ、

「明治学院大の学部生ですよ」と話をしたら驚かれました。

それで、大学時代ちゃんと勉強すれば、少しなら追いつけるものなんだと思い、

コンプレックスは無くなりました。



BFB80F3A-0D76-400E-804E-C59F41DC6351.jpeg




じゃ、青で丸をした、大学時代勉強していて、

赤と同じく、社会に出たあとも頑張った人たちは、

 

 

 

まぁ、いいに越したことはないが、

入口より、大学で何をやったかが大事だよね



というくらいにしか考えていないと思います。

大学で勉強すること自体が、

社会に出て直接役に立たないことの方が多いですが、

世界を観る眼が豊かになるという「遊び」そのものです。



ごんぼっち

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました